新着エントリー

クロアチア旅行記1(ザグレブ編)

何を隠そう、旅行が大好きな私。

(というか、旅行が嫌いな人はいるのでしょうか?)

 

今回、以前から憧れていたクロアチアに行ってきたので、その旅行の模様をお伝えしたいと思います!

 

2018FIFAワールドカップで準優勝したクロアチア。

私が旅行に行ったのはワールドカップ開幕前後の10日間で、とても素晴らしい国だった事もあり、帰国後はクロアチアをずっと応援してました♫

 

旅行日数は

  • 移動                                   2日
  • ザグレブ                            2日
  • ドゥブロヴニク                  3日
  • ウィーン(オーストリア)3日

 

10日間でしたが、今回はザグレブ編をお伝えしたいと思います。

 

〜日本からクロアチアへ〜

 

日本からの往復は、ANAの特典航空券を利用して、お得に旅することが出来ました。

http://<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=gurigoal0e-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B076JC5NJJ&linkId=b0aa07d876ae2da53dfe2587bbb44059&bc1=FFFFFF&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066C0&bg1=FFFFFF&f=ifr”> </iframe>

日本からクロアチアへの直行便はないので、

 

羽田空港→ミュンヘン→フランクフルト

 

と経由して、 11時間50分掛かけて、クロアチアに向かいます。

 

ミュンヘンまでフライト時間が長いので、機内では飲み放題のアルコール、ソフトドリンクや、機内食が提供されました。

 

機内食は

・バターチキンカレー

・牛すき丼

があり、私は牛すき丼をチョイス。

サラダやチーズも付いてバランスも良く、味も美味しかったです。

 

その後は、座席モニターで映画を観たり、仮眠を取るなどして過ごし、無事にミュンヘン空港に到着。

 

とここで、旅行の醍醐味とも言うべき、トラブルが発生。

なんと次のフランクフルト空港行きが悪天候の為、急遽欠航となってしまいました。

 

慌てて近くにいたルフトハンザ航空の方に相談したところ、なんと、すぐにザグレブへの直行便を手配していただきました。

(この50代とおぼしき紳士が、とても優しく、ルフトハンザ航空のイメージが120%良くなったのは言うまでもありません)

 

ザグレブまではクロアチア航空で、生まれて初めてプロペラ機に乗りました。

機上ではワンドリンクとスナックご提供され、私はクロアチアビールをチョイス。

日本のビールよりも甘ったるい味で、慣れるまでには時間が掛かると思いました。

 

そして、11時間50分の長旅を終えて、ようやくクロアチアザグレブ空港に着きました。

 

空港はコンパクトな作りで、空港出入口前に止まっていたタクシーに乗車し、宿泊先に向かいました。

 

〜ホテルに到着〜

 

そして、今回、最初の宿泊先

「ザ リージェント エスプラネード ザグレブ」

に到着。

お部屋はデラックスダブルルームを予約しまして、1人一泊15000円ほどで泊まりました。

キングサイズのベッドが1つで、マットレスがふかふかで寝心地が良かったです。

ベッドの反対側には、ソファや机が置かれていて、広々としています。

シャワーは水圧もしっかり出ました。

アメニティはロクシタンです。

記念に持って帰りました。

海外では当たり前のようですが、トイレにウォシュレットが付いていないので、お尻が冷えますので、ご注意を。

 

初日は夜遅くにホテルに到着したこともあり、着いて早々にベッドへ潜り込み、身体を休めました。

 

ザグレブ編2日目へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です