プリシアリゾートヨロンを徹底解説!与論島で一番オススメです!

日本でも有数の観光地である”与論島”。

その自然の素晴らしさは「東洋の真珠」と呼ばれるほどで、透明度の高い綺麗な海や、干潮時にしか現れない神秘的な「百合ヶ浜」など自然に囲まれた素晴らしい場所です。

皆さんも日頃のストレスを解消する為に、一度は行ってみたいと思った事はありませんか?

今回はそんな与論島でダイビングやバーベキューも楽しめてしまう島内で一番オススメのホテル「プリシアリゾートヨロン」に宿泊しました。

アイドルグループのミュージックビデオにも使われたことがあるほど綺麗なので、ぜひご紹介したいと思います!

意外と楽に行ける!「プリシアリゾートヨロン」へのアクセス

まず初めに「プリシアリゾートヨロン」へのアクセスですが、飛行機を乗り継いで鹿児島県与論島へ向かいます。

羽田空港から沖縄県那覇空港まで約2時間45分。那覇空港から与論空港まで約45分です。

那覇空港から与論空港までは日本航空のプロペラ機に乗りましたが、意外に揺れも少なく、座席と座席の間も広々としていて快適な空の旅となりました。

羽田-那覇間は長旅になるので、トラベルピローなど何か機内グッズがあると快適に過ごせるでしょう。

与論空港に到着したら空港前で待機している無料のシャトルバスで送迎してもらい、約5分程で「プリシアリゾートヨロン」に到着します。

島内の他の宿と違い、空港から近いのも「プリシアリゾートヨロン」の魅力の一つです。徒歩でも行ける距離なので、最悪シャトルバスに乗り遅れても安心してください。

ここに泊まれば全て完結!「プリシアリゾートヨロン」の魅力を紹介

プリシアリゾート ヨロンの情報/地図
kerama.in

無事に飛行機を乗り継いでホテルに到着しました。

これからそんな魅了いっぱいのホテルについてご紹介したいと思います。

※2019年4月時点ではホテルのWi-Fi設備が故障で使えず、また個人Wi-Fiも島内では一切使用出来なかったので注意してください。

部屋は海側が断然オススメ!

プリシアリゾートヨロン<沖永良部島・与論島>の写真・フォトギャラリー …
jtb.co.jp

まずは宿泊する部屋ですが、結論から言うと”海側”にするのが断然オススメです!

と言うのも、初めは陸側にある”スタンダードタイプ”の部屋を予約しましたが、部屋に入ってみると建物が少々古く、あまり綺麗では無かったので居心地が良くない事が分かりました。

ホテルの方に聞くとスタンダードとの差額を支払えばアップグレード出来るとの事だったので、2泊目から海側のファミリータイプの部屋に変更しました。

この選択は大正解で、1棟独立型コテージのファミリータイプは、建物自体少し古いのですが、部屋から海が一望出来ます。

またコテージ前の階段を降りればそこはプライベートビーチとなっている為、「ちょっと海に入ろうかな」と思えば、徒歩10秒で浜辺に着く立地の良さです。

楽天トラベルで申し込む

地元の料理も堪能出来る充実のレストラン

次に旅行で大事な”食事”ですが、「プリシアリゾートヨロン」では館内にレストランが4店あります。

ジャンルも郷土料理や地中海料理、バーベキューなどがあり、ホテル内で与論島グルメを満喫出来てしまいます。

今回は郷土料理店とバーベキューを利用したのでご紹介します。

郷土料理 ぴき

こちらのお店では与論島の郷土料理を味わう事が出来ます。店内は木目調の落ち着いた装飾で広々していてリラックスしながら食事を楽しむ事が出来ました。

私が実際に注文した料理ですが、

名物のもずくソーメンです(648円)。歯ごたえがプリプリしていて箸が止まりませんでした。


ソーキそば(972円)はあっさりしたスープと沖縄地方独特の平麺がとても良く合います。ソーキ(豚肉)は口の中でとろける程柔らかかったです。


島とうがらし餃子(540円)は一口サイズで小ぶりでしたが、噛むとひき肉の甘みの次にピリっと辛さが伝わってきました。辛さが苦手な方でも食べられる味です。


お刺身の盛り合わせ(2700円)は与論島の近海で取れた新鮮さが売りだそうです。食べた味は甘みが口の中いっぱいに広がります。

店内では地酒などアルコール類も充実しているので、美味しい料理と合わせて楽しみました。


サンセットバーベキュー テラ

こちらでは海を眺めながらバーベキューを味わうことが出来ます。

今回は一人3500円のPANAコースを注文しました。

夕日を眺めながら食べるお肉や野菜は新鮮で、ボリュームもかなりあったので、大満足でした。


選ぶのに迷ってしまうほど豊富なアクティビティ


最後に「プリシアリゾートヨロン」の魅力として、選ぶのに迷ってしまうほど豊富な”アクティビティ”があります。

ここでで体験出来るアクティビティをざっと紹介してみます。

・ダイビング

・ウィンドサーフィン

・シュノーケル

・ウェイクボード

・シーカヌー

・ラブラブチューブ

・海中ウォッチング

・テニス

・陶芸体験

この他にもまだまだあります。正直、2泊ぐらいの宿泊では全て体験する事は出来ません。

今回は島内観光の「百合ヶ浜ツアー」を体験したのでご紹介します。

百合ヶ浜は干潮時にしか出現しない砂浜で、船を使って上陸します。料金は1人4320円で時間は約2時間程度です。

「プリシアリゾートヨロン」から送迎バスに乗り込み、与論島の風景を楽しみながら、約15分程で船の発着場に着きます。

そこから船で百合ヶ浜まで行くのですが、百合ヶ浜は想像よりも広く、ブルーシートを敷いてのんびり寝ることも出来るので、水着を着ていった方が良いでしょう。

送迎船は船底の中央部がガラス張りになっていて、帰りは運が良かったのか海ガメを見る事が出来ました。

透明度の高い海が360度広がる光景は一生忘れる事は出来ません。

宿選びに失敗したくないなら「プリシアリゾートヨロン」一択です!

今回は与論島でオススメのホテル「プリシアリゾートヨロン」をご紹介しました。

島内には他にも宿泊施設があるのですが、部屋、料理、ホスピタリティーのどれも最高で、口コミでも評判になっています。

初めての与論島旅行で失敗したくないと思った方に「プリシアリゾートヨロン」は絶対にオススメです。ぜひ最高の思い出を作ってください!

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルで申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です